スカウトを待つよりもオーディションを受ける方が効率的!

撮影

目を引く特技を持っておくことが大切!

書類審査では書類に記入していることしか、自分を知ってもらう手段がありません。「特技なし」という記入は絶対避けます。特技は他の人と同じでは担当の方の目に触れません。目に触れやすい、ギャップのある特技があると目に触れやすくなります。特技は、段や級が取れるような習い事だけではありません。他の人と同じになってしまうという場合でも記入の仕方ひとつで目を引く特技になります。

タレントオーディションに合格する人はここが違う

自分の個性を出すことが大切です。自分のPRは面接時に伝えられるようにきちんと伝える言葉を用意しておきます。面接時には緊張することはごく普通のことです。緊張をしてもきちんと言葉に出せるように、自己PRを伝える練習を繰り返しておきます。面接時、声が小さい人よりは思い切って大きな声をだした方が好印象となり、他の人と違うというイメージをアピールしたいがために、自信過剰な演出をすることは避けるようにします。

注目度が高い芸能関係の仕事・TOP5

no.1

テレビ局で社員として働く

テレビ局では、大きく分けて
・放送部・・・番組を企画するディレクターやプロデューサー、アナウンサーなど
・技術部・・・カメラマンや音声スタッフなど
・それ以外・・・一般企業と同じような事務系の職種など
に部署を分けることができます。

no.2

芸能マネージャー

芸能プロダクションやタレント事務所などで働き、俳優やタレント、歌手などの芸能活動をスムーズに行うサポートを行います。スケジュールの管理や出演交渉、オーディション参加の準備などを行います。

no.3

スタイリスト

テレビやCM、雑誌などタレントやモデルが着る服やファッションアイテムをコーディネートします。事務所に所属するかフリーランスとして活動するかに分かれます。

no.4

放送作家(構成作家)

テレビやラジオの台本を作成します。番組の構成を考えることも行うため、構成作家とも呼ばれることもあります。台本を書くためには企画を立てて番組を構成し、台本を作成していきます。

no.5

ストーリーの組み立てや設計などを行う脚本家

脚本を書き、ストーリーを組み立てて進行を作成したり、ドラマなどのストーリー設計を行っていきます。ドラマだけでなく、映画や舞台、マンガなどさまざまな場所で活動をしています。

タレント・芸能人になるならオーディションとスカウトどっちがベスト?

スカウトマンの目に止まるために

スカウトされるためには、スカウトマンの目にとまらなければはじまりません。スカウトマンの多くは都内にいる確率が高く、原宿や渋谷、学生がよく利用する駅などで活動していることが多いです。

スカウトされるチャンスはごくわずか

スカウトされやすい人は
・ナチュラルメイクでも可愛さやきれいということがはっきりわかる人
・スタイルがよく、バランスが良い人
・黒髪やストレートヘアの人
・派手な服装や流行ファッションではない、清楚な服装または制服
・中学生や高校生
など、スカウトマンの目にとまる人はごくわずかです。
オーディションを受けていく方がチャンスが掴みやすくなります。

[PR]芸能オーディションを受けたいなら注目!
エントリー情報盛りだくさん♪

今読まれているコンテンツ

ウーマン

芸能事務所とクライアントの架け橋~キャスティング会社の基本知識~

キャスティング会社ではクライアントとなる企業広告などのイメージにより近いキャスティングを行ってくれます。

READ MORE
レディ

最初の難関!書類審査を通ってオーディションに合格しよう

オーディションの第一審査では書類選考からはじまります。書類選考を通過するためにも、数多くの書類の中から担当の方の目につく、会ってみたいという書類を作成します。

READ MORE
カメラ

優良なキャスティング会社の見極め方法【ノウハウや実績に着目する】

キャスティングサービスでは、必要に応じてタレントだけでなく一般人の手配などクライアントのイメージに合ったキャスティングの手配を行います。

READ MORE
照明

夢を掴むには行動することが大切!~オーディションに挑戦しよう~

オーディションを受けるきっかけには人それぞれです。書類審査を通るために他の人にはない個性をアピールし、自分がどんな道に進んでいきたいかを明確にビジョンを持ちオーディションに臨みます。

READ MORE
広告募集中