夢を掴むには行動することが大切!~オーディションに挑戦しよう~

チャンスは自分で掴み取るもの

チャンスは待っていても掴むことができません。行動する人にはチャンスは近づいてきます。チャンスが少しでも近づいてくるためには自分から行動することが大切になります。そのため、行動しない人はチャンスを見逃しています。

オーディションを受けようと思ったきっかけTOP3

no.1

友人や家族が応募

友人と一緒に受けたいといってきたためや家族が応募してしまった、書類審査が通ってはじめて知ったなど、きっかけは自分以外からという人も少なくありません。

no.2

憧れの人がいたため

テレビや雑誌などで目にする芸能人に憧れて、自分も同じ場所に立ちたいと応募をしたことがきっかけになることもあります。小さなころからの憧れから、現実へと夢を繋ぐことができます。

no.3

自分を変えるきっかけがほしい

今までの自分を変えたい、新しい自分を探し出したいなど自分を変えるチャンスなど、自分を変えたいからときっかけになる場合があります。チャンスを自分から掴んでいくきっかけとなります。

夢を掴むには行動することが大切!~オーディションに挑戦しよう~

照明

他の人にはない個性をアピールしよう

多くのオーディションでは、一次審査が書類審査となっています。大きなオーディションになればなるほど、数多くの書類が届きます。担当者に「実際に会ってみたい」というアピールが必要です。特に、特技は何もないという人では「会ってみたい」というアピールをすることができません。自分の個性を出すことができる、他人とは違うポイントをアピールに利用します。アピールするポイントは、級を持っていたり何かのコンテストで賞をもらったりということだけではありません。好きなことやギャップがある趣味があるなど、自分では普通と思っていることがアピールポイントになることも少なくありません。

こうなりたいといったビジョンを明確に持とう

歌を歌いたい、俳優になってドラマや映画に出たい、憧れの芸能人のように活躍したいなど、自分がどんな道を進んでいきたいかを持っていなければオーディションには合格しません。事務所では、これから共に何年も活躍できる人材を求めています。ビジョンを伝えることによって、自分がオーディションを受ける姿勢を見せることができます。

演技を見せることも多い

書類審査を通過した後に行われるオーディションでは、通常、自己紹介から質疑応答、自己PRを行ってから特技や演技審査という流れになっています。セリフをいうことや演技が苦手、演技ははじめてでも、オーディションを受ける他の人も同じと考えて堂々と臨んでいくことが大切です。

広告募集中